Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 971

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php:971) in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 221

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php:971) in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 222
【案件比較】高額の気になる案件はどのポイントサイトを経由する? – らくたび習慣

お役立ち

【案件比較】高額の気になる案件はどのポイントサイトを経由する?

【案件比較】高額の気になる案件はどのポイントサイトを経由する?

ANAマイレージを大量に貯めるためには、ポイントサイトの案件をこなさなくてはいけません。
一体どこのポイントサイトを使うのが、最もお得なんでしょうか?

ポイントサイトの還元率、還元ポイントは案件ごとに各サイトでバラツキがあって、一概にどのサイトを使うのがベストとは言いきれません。こういうときに威力を発揮するのが、ポイント還元率横断検索サイトです。
ポイントサイトを比較して、案件ごとにどこが一番お得なのかを表示してくれます。

『どこ得?』で案件比較

こういった横断検索サイトはいくつかあるんですが、検索結果が還元率順にランキング形式で並び、とても見やすい『どこ得?』を使うのがおすすめです。

「どこ得?」のトップページ

どこ得

ポイントサイトの案件の還元値を比較できる検索エンジン

横断検索されるポイントサイトは50以上!
設定ページで自分が登録しているポイントサイトだけを対象とすれば使いやすいです。dokotokuそれでは実際に広告案件を検索してみましょう。

ダイナースカードを検索

トップページのフォームに案件名の一部分だけ入力すれば大丈夫なので、「ダイナース」と入力してみます。

dokotoku-d1

右にある「どこ得?」というボタンをクリックすると、還元額が高い順にポイントサイトがずらりと並びます。

dokotoku-d2

ポイント案件というものは、日々還元額や還元率が変化していくものです。上の画像では『GetMoney』のANAダイナースカードが最も高額な22,000円となっていますが、翌日には安くなってしまっているかもしれないですし、消えてなくなっているかもしれません。

陸マイラー生活では日々こういった情報に目を通し、相場観を養っておくことも大事です。相場より高いなと思った案件を、どんどんこなしていきます。

還元額の意味

先ほどの検索結果では最高額が22,000円と表示されました。この意味は「このカードをGetMoneyで発行すると、22,000円相当のポイント がもらえます」ということです。GetMoneyは10pt=1円なので、実際に獲得できるポイントとしては220,000pt(22,000円相当)ということ になります。

もしも1pt=1円であるハピタスで22,000円相当のポイントがもらえるということであれば、等価の22,000ptということになりますし、20pt=1円のポイントタウンであれば、440,000ptということになります。

ポイントサイトはそれぞれが独自の基準でポイントの価値を決めているので、いったん円換算しないとわけがわからなくなってしまうんです。

私たちユーザーも、「何ポイントがもらえるんだろう?」と考えるのではなく、常に「何円相当のポイントがもらえるんだろう?」と考えるクセをつけておくことが大事です。

還元率の意味

今度はカード発行案件ではなく、ショッピング案件を見てみましょう。『花キューピット』を検索してみます。

dokotoku3

最も還元率が高いのは『ハピタス』だということがわかりました。しかし先ほどの「〇〇円」というような表示ではなく、「1.1%」と表示されています。これは一体何円相当のポイントがもらえるということなんでしょうか?

これは「ハピタスを経由して花キューピットでショッピングをすると、購入金額の1.1%相当のポイントがもらえます」という意味です。たとえば10,000円ぴったりの買物をすれば、その1.1%、110円相当のポイントがもらえるということですね。

ちなみにハピタスは1pt=1円なので、110円相当のポイントとはそのまま等価の110ptということになります。

ただし、案件によっては、ショッピングにも関わらず、パーセント表記ではなく円表記になっているものもあります。この場合は、購入金額に関わらず、一律〇円相当のポイントがもらえるという意味です。

ショッピング案件は細かい還元率を気にせず1カ所に集中させる

先ほどの検索で、花キューピットで買物をするにはハピタスを経由するのが一番お得だとわかりました(もちろん検索した時点での話です。常に変動するのでいつもハピタスが一番だとは限りません)。

しかしたったこれだけのために、いちいちショッピングごと一番お得なポイントサイトを経由するようにしていたら、いろんなポイントサイトに少額ポイントがバラけていってしまいます。ハピタスに360pt、.moneyに200pt、ちょびリッチに250ptといった具合にです。

こうなると、最低交換額に達することが難しくなり、何より管理が大変です。どうせどこのポイントサイトを経由しても、微々たるポイントしかもらえな いのですから、よっぽど還元率に大きな差がない限り、ショッピング案件は、1つ、もしくは2つ程度のポイントサイトに集中させることが大切です。

ショッピングに強い、平均して還元率が高いポイントサイトとしては以下の3つを私はおすすめします。

  • ハピタス
  • ポイントタウン
  • ちょびリッチ

『どこ得?』が活躍するのは高額案件の検索

微々たるポイントしかもらえないショッピング案件と違い、「クレジットカード発行案件」「カードローン案件」「FX案件」「保険相談案件」では一撃で大量ポイントがもらえます。こういうときこそ、横断検索サイト『どこ得?』の出番です。

試しに「FX」と検索してみましょう。

dokotoku415,000円~25,500円という高額案件がずらりと並びました。この円換算価値を持つポイントを、ANAマイレージに交換すると、 13,500~22,950マイルにもなります。こういった場合、差が非常に大きいですから、最も高額な案件を持つポイントサイトを利用するに限ります。 上の画像で言えば、ちょびリッチの『みんなのFX』ですね。

これだけの高額ポイントだと、もらった直後にすぐポイント交換できますから、管理も楽ですし、最低交換額も気にする必要がありません。積極的に最も高額なところを狙ってください。

普段から「カード」「FX」「保険」「ローン」「100%還元」などのキーワードを、どこ得で検索しておくと、それぞれのジャンルでのポイント相場というものが身についてきます。また、思わぬ高額案件に出会うこともあります。是非活用してください。

URL
TBURL

コメントを残す

*
*
* (公開されません)

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Facebookからコメントする

Return Top