Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 971

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php:971) in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 221

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php:971) in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 222
“ANA” VS “JAL” どっちがお得!? – らくたび習慣

“ANA” VS “JAL” どっちがお得!?

みなさんは特典航空券、使っていますか?
やはり無料で航空券が取れるというのは非常に魅力的ですよね!
これは是非ともマイルを貯めて特典航空券をGETしたいです。

ではこれからマイルを貯め始める場合、ANAとJALではどちらのマイルを貯めていけば良いのでしょうか。

結論から言いましょう。
ライフスタイルによってはJALマイルのほうが利用しやすい場合もあるのですが、『らくたび.net』では『ANAマイル』を先に貯めることを推奨しております。

飛行機に乗ることなく、普段の生活を送りながらポイントサイトも活用してマイルを貯めたい”陸マイラー”に向いているのは断然『ANAマイル』です。
その理由は、ANAはポイントサイトとの相性がよく、交換比率90%という特別なポイント交換ルート『ソラチカカードルート』が存在するためです。
マイルはカード利用ではなく、ポイントサイトで稼ぐものです。

それを踏まえて、ANAカードとJALカードの特色を見ていきましょう。

貯めやすさのANA
継続ボーナスマイル

マイルを貯めるのに必須なANAカードとJALカードですが、これらのクレジットカードを継続利用していると毎年”継続ボーナスマイル”というものを獲得できます。
ANAカードは、ANAのクレジットカードを保有しているだけで継続ボーナスマイルの付与対象となります。

keizoku1000
例えば『ANA VISA 一般カード』を使用していれば、毎年1000マイルものボーナスマイルを獲得することができるのです。
カードの継続保有だけでカード利用10万円分ものマイルが付くので、かなりお得ですね。

一方のJALカードには、継続保有とあわせて飛行機への搭乗が必要になります。
この搭乗はお金を払って乗らなければならないので、普段飛行機にあまり乗らないという方には、少し敷居が高く感じるかもしれません。

ANAなら各クレジット会社でのボーナスポイント付与

ANAカードの場合、クレジットカードを利用して貯まるのはクレジット会社のポイントです。
クレジット会社のポイントをANAのマイレージプログラムへ移す作業が必要になりますので、少し面倒ではあります。
ただし、各クレジットカード会社は、カード利用における獲得ポイントとは別に、利用額に応じたボーナスポイントを設定しています。

visabonuspoint
例えばVISAのANAカードを利用していれば、年間利用額に応じて翌年10~60%もの「ワールドプレゼント」のボーナスポイントが獲得できるのです。

使いやすさのJAL
直接”マイル”が貯まるため、移行作業の必要がない

JALカードでのショッピング利用は、クレジット会社にポイントが貯まるのではなく、直接JALマイルとして積算されていきます。
そのためクレジット会社のボーナスポイントなどはありませんが、移行作業をしなくて済みます。
クレジット会社のポイントとして積算されるANAカードは、マイルの有効期限とは別に、クレジット会社のポイントの有効期限も気にしなくてはなりませんし、ポイント移行が有料となる場合も多いです。
とはいえ、マイルの有効期限はポイント移行日から起算されるので、ANAマイルへと移行するまでは実質有効期限を延長できている状態と言えます。
カード会社によってはポイントの有効期限を無期限にできるプランなどもあるので、ANAカードのほうがマイレージを消費する計画は立てやすいと言えます。

JALのマイル設定は良心的

特典航空券はとてもお得です。
そんな中さらにお得になる『ディスカウントマイル』というサービスがJALにはあります。

discountmile
ただでさえJALのマイル設定はANAの設定よりも一段お得といった印象ですが、この『ディスカウントマイル』の対象期間であれば、さらに2000~3000マイルの割引で搭乗することができるのです。『ディスカウントマイル』の対象期間は、JALカード会員割引の利用で、さらに500マイルの割引も可能です。

まとめ

特典航空券としてのメリットはJALカードに軍配が上がりますが、『らくたび.net』が推奨しているマイル獲得方法は、クレジットカード利用ではなく、ポイントサイトを利用する方法です。
現時点では、各ポイントを高レート交換できる『ANAマイル』(ソラチカカード使用)をメインとした運用をおすすめします。
ANAとJAL、どちらのマイルを貯めればいいのか迷っている初心者の方は、ANAのマイルを貯めるために、まずはソラチカカードを発行して、ポイントサイトに参加しましょう。

Return Top