Warning: "continue" targeting switch is equivalent to "break". Did you mean to use "continue 2"? in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php on line 971

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php:971) in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 221

Warning: Cannot modify header information - headers already sent by (output started at /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/plugins/all-in-one-seo-pack/modules/aioseop_opengraph.php:971) in /home/soda-company/www/rakutabi/wp-content/themes/dp-graphie/functions.php on line 222
旅へ出る準備〜Day.2〜 – らくたび習慣

旅へ出る準備〜Day.2〜

たった3日間で済ませる『旅へ出る準備』
2日目の今回は、ポイントサイトで貯めたポイントをマイルとして使うための仕組みを理解するための回です!
各ポイントサイトへの登録はお済みですか??
まだの方は『旅へ出る準備』プログラムDay-1もご一読ください。

貯まったポイントはあとで一元化できるので、複数のポイントサイトを利用したほうが早く貯まりますし、案件の比較もできますよ!

らくたびおすすめのポイントサイトは下の5つです!
ハピタス
ポイントタウン
ゲットマネー
モッピー
げん玉

それでは早速Day-2プログラム、ポイントをマイルに交換する流れについて学習して行きましょう!

Day-2 Step1
ポイントをマイルに交換するということ

ポイントサイトを使ったことがない方は、ポイントをマイレージに交換するためのルートという仕組みをご存じないと思います。
なぜマイルへの移行をすすめているかというと、ポイントと円とマイルでは、ファーストクラスの国際線などの場合、1マイルの価値は1円を大きく超えます。
基本的にはマイルへの移行が最適解でしょう。

おおまかな流れとして、以下がマイル移行への流れとなります。

ポイント交換ルートの図
ポイント交換ルートの図

ポイントサイト
ハピタス、ポイントタウン、ゲットマネーなど。
クレジットカード発行や口座開設、飲食店利用、ゲームなど、様々な案件をこなしてポイントを稼ぎます。

ポイント交換サイト(ハブサイト)
PEX、Point Exchangeなど。
各種ポイントサイトで貯めたポイントをひとまとめにします。
さらに、マイルへ交換しやすい”終着ポイント”(東京メトロポイントなど)に交換するための、経由サイトでもあります。

終着ポイント
東京メトロポイント、Tポイントなど。
マイレージへ交換するための最終的なポイント。

移行サービス
ソラチカカード、Tポイントカードなど。
クレジットカードの会員特典などを利用し、最終的なポイントをマイレージへ移行します。

なぜこのようなルートを辿るのかというと、交換レートを上手く利用し、ポイントが目減りしないように効率よくマイレージへ移行させるためです。
Step2とStep3では、ANAマイラーの代表的なルートを紹介します。

Day-2 Step2
ポイント交換で絶対利用すべきルートはこれ!!

ポイントをマイルに交換する場合、ANAマイレージであれば非常にお得な交換ルートが存在します。
通称『ソラチカルート』と呼ばれるものです。
このソラチカルートと呼ばれる交換経路を利用すれば、通常のTポイントからの交換ルートであれば0.5倍程度の交換レートが、驚愕の高レート『0.9倍』の比率でポイントを交換することが出来るのです!
以下がソラチカルートの図解です。

ソラチカルートの図
ソラチカルートの図

各ポイントサイトで貯めたポイントを、ポイント交換のハブサイト『PEX』で一元化したら、その『PEXポイント』を『メトロポイント』に交換します。
(ここまでの交換比率は100%ですので、ポイントの価値は落ちていません。)

さらにその『メトロポイント』を『ソラチカカード』に付帯する機能を利用して、『ANAマイレージ』へ移行すれば完了です。

『メトロポイント』から『ANAマイレージ』の交換比率は90%ですが、これは驚愕の交換レートです。
本来ならTポイント経由などで半分に目減りしていた交換比率が、ほとんど丸々移行できることになります。

ただし、この『ソラチカルート』は、月ごとの移行上限が設けられており、1ヶ月の間に『20000メトロポイント』までしかマイルに移行できません。
それでもマイレージにすると『18000マイル』ですので、十分と言えるでしょう。
むしろこれだけの高レートですので、交換上限があるのも仕方がないですね。

ANAマイルを貯める上で、まずはこの『ソラチカルート』を最優先しないのでは話しになりません。
ソラチカカードの発行は必須です!

Day-2 Step3
18,000マイル以上貯めたいあなたには、さらにこのルート!

Step1で解説した『ソラチカルート』のポイント移行上限を超えてしまったあともさらにマイレージを貯めたい場合のルートがあります。
ソラチカルート上限いっぱいの交換を1年間行うと、実に216,000マイルものマイレージが貯まり、ファーストクラスでハワイへも行くことができますが、家族の分のマイレージも稼ぎたい方や、貯めたポイントを少しでも早くマイレージに交換したい方におすすめの交換ルートです。
通称『Tポイントルート』と呼ばれるものです。
『ソラチカルート』登場以前に多くのマイラーが利用していた一般的なルートですが、今でも利用しやすい便利なルートです。
なお、『げん玉』のポイントは『PEX』へのルートが閉ざされているので、『Point Exchange』経由で、この『Tポイントルート』を利用することになります。

Tポイントルートの図
Tポイントルートの図

このルートを利用するには『T会員番号』が必要になりますので、『Tカード』を用意しましょう。
おすすめは『ファミマTカード』です。
『ファミマTカード』は各ポイントサイトで案件として載りやすいので、ポイントサイト経由で登録しましょう。
ポイントサイトを経由しても『ファミマTカード』側のキャンペーンは受けられます。(2015年11月現在1000Tポイント付与)
<ここに案件の画像>
『ファミマTカード』は年会費もマイル移行手数料も無料です!Tポイントは貯まりやすいですし、ファミリーマートをよく利用するかたにはうってつけですね。

以上でDay-2の終了です!
お疲れさまでした!!

ポイントサイトを利用してマイルに交換するのは面倒なイメージがあったかもしれませんが、全体を眺めてみると簡単ですよね??
効率よくどんどんマイレージが貯まるのをイメージできましたか??
さぁ、最終日となるDay-3は、実際にポイントサイトを使って案件をこなしていきますよ~!!
お楽しみに!

 

Return Top